フリーランスでシステム開発に入り込む余地

フリーランスで働く事はスキル指向の高い職種に携わる人であれば誰しも一度は憧れるものでしょう。フリーランスエンジニアの場合、会社勤めとは違いいわゆる総務部のような間接費を負担しなくて良い分エンジニア本人の取り分が増え、収入がアップする可能性もあるでしょう。

但し、システム開発の受注は大手企業が行いそこからパートナー企業への下請け発注を行うといった形式で仕事の受発注が繋がる場合がほとんどです。何のコネもなく技術一本のフリーランスエンジニアの入る箇所は、大抵下請け会社の中の一人と考えられるでしょう。大手企業が作業を担当するようなプロジェクトマネージャーや上流工程作業を行うエンジニアは普通プロパー社員であり、余程高いスキルとそれ以上にコネがない限りはフリーランスエンジニアの入り込む余地は無いと言えます。

下請け先となる企業の配下で働く事になるので、収入アップを見込んでいたはずがマージンを抜かれているため逆に減ってしまう可能性がデメリットとして挙げられます。更に、周囲は初心者のようなエンジニアで自分も含めて割り当てられる作業は簡単なプログラミングであったり、レベルにあった仕事ができずやりがいを失う可能性もあります。

当然システムの受注を一人で行う事などできないので、フリーランスでありながら大きな仕事をこなしていくためにあらかじめ大手企業とのコネクションを強くしておくことも重要です。また、そもそも個人レベルで受注可能な小さな作業をターゲットとしていくといった方向性をしっかり定めておくことが、後悔しないフリー転向への準備の一つと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です