フリーランスエンジニアのデメリットとは

エンジニアがある程度スキルを高めたら、管理職へ移行するかフリーランスエンジニアとして独立するかの選択肢を迫られることになります。年齢を重ねていつまでも同じ環境に身を置くことは難しいからです。あくまでも現場作業を行うことにこだわるのならば、独立して技術に磨きを賭けるのもひとつの選択肢というわけです。

そのようなスタイルの働き方に向いた適性を持つ人というのは、総じて自己管理能力が高いものです。自由に時間を使えることが、逆に不安を生む人もいます。安定した仕事を当たり前のように得られるわけではないデメリットを抱えながら、ストレスを感じる人もいます。けれどもフリーで働く適性を持つ人は時間管理にも優れています。何をすべきかを的確に把握しているので、結果常に仕事を得ることにつながっています。

次に適性として必要なのがコスト意識を持つことです。フリーランスエンジニアは基本的に、クライアントが用意する提案に対して請け負う金額を提示することになります。極めて低い金額を提示すれば選ばれる可能性は高まります。けれども薄利多売で生計を立てられるほど甘いものではありません。

また案件によっては思いの他に手間取ることで、報酬と労力のバランスが取れない事態も生じます。適切な金額提示を行えるコスト感覚を持つことが求められます。つまり、総じて経営者としての感覚を持つ人がデメリットの多いフリーランスエンジニアとしての適性を持つことが分かります。良い面も悪い面も両方あるフリーランスとして長きにわたり活躍するためには、負の部分を乗り越えるスキルを習得しておくことが重要だと言えます。今後のために、参考資料【デメリットを乗り越えて-Happy Freelance Life-】でより強い対策を立てることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です